引越しをするなら閑散期がおすすめ

引越しは行う時期によって基本料金もオプション料金も大きく変わります。ではどの時期に引越しを行うとよいのでしょうか。
業者にとって一番の繁忙期は2月~4月の春頃です。学校を卒業して一人暮らしを始める学生や、転勤によって引越しをするという人が一番多い時期であり、この頃はどこの業者も非常に忙しいため距離や荷物の量に関わらず費用が高くなります。業者側が頑張って営業をしなくても依頼が入ってくるため安くする必要がないのです。繁忙期が過ぎて夏に入れば、一気に閑散期となります。この時期は引越し業者だけではなく不動産業も閑散期となるため、様々な費用をお得な価格で抑えることが可能です。
閑散期の引越し業者にとっては、1件でも多くの依頼がほしいところですが、この時期に引越しを行う人はなかなかいません。そのため他業者との依頼の取り合いが激しく、価格競争が始まります。そのため、電話などで見積もりを出してもらう際には「他社では〇円でした」と明確な数字を出すと簡単に値引きに応じてくれやすいのです。
もしも急ぎの引越しじゃない場合、費用が安く抑えることができる夏の時期を見計らって行うと、繁忙期の半額、または3分の1程度の費用に抑えることも可能です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です